専門薬剤師.com

専門薬剤師さんの転職はプロの転職屋に任せよう!

このサイトは専門薬剤師についてご紹介している「専門薬剤師.com」です。また薬剤師の転職をサポートしてくれる「薬剤師専門の転職サイト」をランキング形式で紹介しています。ぜひご参考にしてください。

現在、人気なのが『リクナビ薬剤師』です。リクナビ薬剤師を利用した薬剤師さんのうち、97.3%の方が希望していた条件での転職に成功されています!他に紹介しているサイトも1位に負けず魅力的ですので、是非無料の登録で受けられるサポートを体験してみましょう。より良い転職活動をお祈りします。

薬剤師の求人エージェント人気ランキング!TOP5!!

リクナビ薬剤師

非公開求人が全体の75%。まずは登録してその膨大な内容を確認してください。

求人数は非公開求人数を含めて35,000件以上。この中から必ず希望の求人情報がみつかります。

新着する求人情報は毎日30件以上あります。翌日には平均で5件の求人情報を紹介します。

会員登録して、最短で3日の転職を実現しています。キャリアに間を開けたくない人には便利です。

主婦にとっては、街の薬局屋さんが便利、時給などで働ける薬局を多数掲載しています。

転職で最も重視したいのは、収入のアップ。そんな思いにリクナビ薬剤師は応えます。

求職先の職場を事前に徹底リサーチ!転職後の離職が少ないことがリクナビ薬剤師の自慢です。

仕事を続けながら、転職先を探せるようにキャリアアドバイザーが徹底的にサポートしてくれます。

マイナビ薬剤師

全国の薬剤師の求人を網羅しているので必ずあなたの街の薬剤師になることができます。

年収に重点を置いて求人情報を探せるので、転職で収入が下がることを防ぐことができます。

職場の状況を現場の人にも詳しくリサーチしています。人間関係などの情報もお知らせいたします。

利用者の希望に沿った求人情報を、担当のコンサルタントがスピーディに紹介いたします。

マイナビ薬剤師を利用して転職した人の実に94.6%の人から、高い満足度を頂いています。

女性が安心して働いていくためにも、産休・育休をサポートしてくれる求人情報が多数あります。

希望者の多い病院の求人情報も多数掲載しています。じっくりと転職活動をサポートします。

ちょっと間が開いたキャリアでも、研修が充実した求人情報を多数掲載しているので安心です。

薬キャリ

求人数は常時8000件以上と業界でもトップクラスの求人数を実現しています。

病院からの求人も多数掲載しています。キャリアを積んで専門薬剤師になるのも夢ではありません。

徹底したリサーチで本当にお勧めできる職場のみを掲載しています。自信を持ってお勧めできますよ。

最短2日で入職できます。平均でも1〜2週間という早さ。ブランクを開けずに転職できます。

1人に専任のコンサルタントが付きます。満足度も97%ですから、必ずあなたのお役にたちます。

さまざまな検索機能をもっています。必ずピンポイントで希望の職場を探すことができます。

人気の病院も多数掲載しています。人気の病院もタイミング次第では即入職可能です。

大手企業の就職もOKです。キャリアアップのためにも、長い目でじっくり探しましょう。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは転職時の収入アップを強力にバックアップ!求人数は4万件以上もあります。

専任のコンサルタントが、あなたに代わって給与・待遇面の条件交渉を代行してくれます。

ファルマスタッフだけの非公開求人が多数あります。まずは会員登録をして内容を確認してください。

応募書類などの添削、面接の対策まで、転職のプロが強力にサポートしてくれます。

面接には専任のコンサルタントが同席してくれます。面接に不安がある方も安心です。

転職後も、仕事内容に不満はないか、当初の話との食い違いはないかなどのサポートも万全です。

様々な条件で検索が可能です。年収600万以上とか、土日祝休みなどで検索できます。

多くの人が収入アップの転職を実現しています。自分に合った職場で新しいキャリアをスタート!

ファルマスタッフ

ヤクステ

将来は専門薬剤師になりたい。そんな声にも応えます。病院からの多数の求人を掲載しています。

出産退職後、子どもに手がかからなくなってからの復職を、強力にバックアップします。

地元へのUターンを希望する場合、気になるのは年収の減少ですがアップする方法を一緒に探します。

ヤクステのみに委託された、求人数が全体の75%あります。早速会員登録を内容をご確認ください。

利用者1人に専門のコンサルタントが付きます。何があっても最後まで完全サポートします。

転職は不安な日々が続くと思います。そんな日々もコンサルタントが強力にケアします。

ヤクステから転職された人の1年以内の離職率は、1%以内と低い数字をずっとキープしています。

転職となると、条件もちょっと厳しめになるものです。そんな細かな要望にも確実に応えます。

専門薬剤師が転職する際に気を付けること

高い専門性を持っていてなおかつ非常に高度なスキルと知識を持っている薬剤師を専門薬剤師と呼んでいきます。この専門薬剤師は社会的なニーズの高い症状などに対して専門的な知識を持っている薬剤師であり、その存在は大きなものがあります。簡単にこの専門薬剤師になることは出来ず、しっかりとした検証や、そして事例検討などを繰り返していくことで十分な力をつけていくことになります。

認定薬剤師とういものもありますが、専門薬剤師になるためにはこの認定薬剤師にもなっておく必要があります。専門薬剤師は認定薬剤師になった上でさらに研修などを積んでいく必要があることになります。

医療機関や研究機関ではこの専門薬剤師を募集していることも多く、高い専門性を持った人材を集めていることもあります。専門薬剤師の資格を持っている人の場合、その資格や能力をしっかりと生かしていく必要があると言えます。募集している場所をしっかりと見つける必要があるでしょう。

就職先を見つけていくときに注意が必要であり、それは専門分野となります。専門薬剤師と言っても、分野ごとに分かれていて、その分野において高い専門性を発揮してくれることになります。当然その分野ではないものであると専門という言葉はつかず、薬剤師という立場になります。

就職場所を選んでいくときにはどの分野で専門薬剤師を求めているのかはしっかり確認しておく必要があります。これを確認しないで募集に応募してしまうと、自分の専門性を発揮できないような場所に応募していたということになる場合もあります。そうなると当然採用は難しくなり、時間の無駄になってしまうでしょう。転職の場合であると、余裕もそれほどないのでかなり大きなマイナスポイントになってしまうこともあります。

高い専門性であるがゆえに、対応できる範囲はあまり広くないと言う事もできるでしょう。薬剤師専門、特に専門薬剤師に特化した求人情報サイトなどの場合、しっかりと分野などの情報も公開してくれることでしょう。そのため確認ミスなどが生まれてしまうことはそれほど多くはないと言えます。ただ、それでも自分でしっかりと確認をして間違いがないようにしていきたいものです。

専門薬剤師を目指したいと思っている人は、どのような分野で専門薬剤師になりたいのかをまず考えることから始まっていくことでしょう。道のりは長いですが、自分にとって大きな財産にしていくことができます。

© 2012 専門薬剤師.com